イタチやコウモリ、アライグマ、ハチの駆除は専門業者へ

イタチの駆除法

イタチの害はどんなものか

 日本には在来種のニホンイタチと外来種のチョウセンイタチがいます。よく床下や天井裏に住み着き繁殖をします。見た目はペットにされるくらいかわいらしいのですが実際住み着かれてしまうと、騒音、悪臭、糞尿の被害、ダニノミ等の発生などデメリットばかりです。またイタチについたダニの糞を原因とする皮膚炎、アレルギーや喘息の悪化など健康被害の報告もあります。飼っているペットがイタチに襲われてしまったり、農作物を食い荒らされてしまうこともあります。  そんな被害を防ぐためにも早急なイタチ駆除を検討することをおすすめします。大体業者によりますが、25000円くらいのところが多いようです。見積もりサイトで比較検討のうえ選定することをおすすめします。

駆除の具体的方法はどんなものか

 イタチ駆除をするにはどのようなことをするのでしょうか。まず現地調査をします。天井裏に侵入することが多いようです。その存在が確認されたのち、イタチ駆除の方法〜追い出すのか捕獲するのかを決定します。捕獲の場合は自治体の許可が必要になってきます。  イタチがいなくなったことを確認したのち侵入口をふさぎます。  イタチ駆除を行った後その二次被害対策も必要です。イタチのありがたくない置き土産をきれいさっぱり撤去します。  まず糞尿をそうじします。残しておくと虫が湧いたり不快なにおいのもとになります。そしてその臭いをしっかり消臭します。糞尿にふくまれる雑菌もしっかり消毒し、ダニ、ノミも駆除します。  最後に傷んだ内外装を修理し駆除の終了になります。