イタチやコウモリ、アライグマ、ハチの駆除は専門業者へ

アライグマの駆除法

アライグマ被害の相談は害獣駆除の専門サービスへ

外来生物であるアライグマは日本国内の生態系を破壊する動物の一種であり、畑を荒らされる被害も多く、畑などがない環境でも、侵入可能な場所があればそこから家屋に入り込み、そのまま住み着いて異臭の原因になることもあります。 駆除することが許されている動物の一種ですが、資格を有していない一般人が許可なく捕獲することは法的に許されていません。 アライグマを駆除するための罠の設置や、捕獲作業は狩猟免許などの特別な資格を取得するか、アライグマなどの資格を有している専門サービスに依頼する必要があります。 アライグマ駆除の専門サービスは全国各地に存在しており、その多くは良心的な価格で依頼を引き受けています。 アライグマの被害があり、駆除をお考えなら、是非相談してみましょう。

アライグマの被害にお悩みの方へ

アライグマは特定外来生物に指定され、農作物や家畜などに被害を出しています。 以前はペットとして飼われ、捨てられたあと野生化して繁殖したと言われていますが、家の屋根裏や床下などに住み着いて糞による悪臭や騒音による被害も出ています。 アライグマは鳥獣保護法によって保護されており、自治体の許可なく勝手に捕獲することはできません。 しかし、アライグマには感染症の媒介の危険性もあるため、自分で追い払おうとせずに早めに専門業者に依頼して駆除をしてもらいましょう。 駆除方法には2種類あり、煙や爆音でアライグマを脅かして追い出す方法と罠などを利用して捕獲する方法があります。 その後、糞の掃除や消毒をした上で、侵入口をしっかりと塞いでアライグマが侵入できないようにしてもらうと駆除の完了です。 アライグマによる農作物などの被害や、糞や感染症などで菌が繁殖しないように速やかに専門業者に駆除を依頼しましょう。